法律問題にならないよう交通事故に注意!

交通事故にあった時、頼りになる法律相談

法律問題にならないよう交通事故に注意!
私が18歳、県外で一人暮らしをしていた時の事です。母が交通事故にあって意識がないと連絡が入り、慌てて帰りました。車も持っておらず遅い時間だったので、その日の夜行バスで。ついたのは翌朝の早朝。実家により、置いてあった車でとにかく急いで病院へ。実はこの時、私は免許を取り立てで全くの初心者。運転した事は実家の近所を2?3回程。一人で大通りを走るなんて怖くてできないとわめいていた私が、30分はかかる車通りの多い道を運転したのです。今思えば信じられないのですが、その時はただただ必死だったのでしょうね。無事についた事よりも母の事が心配でした。事故から1日経ち、意識は戻り、無事でした。ホッとしたのもつかの間、次は事故の相手、警察と次々にやる事がでてきます。この時、両親は離婚しており長女だった私が全て動いていました。と言っても世間の事も法律の事もよく知らない18歳の子供がスムーズにできるわけもなく、こんな時はいつも相談役だった母の為、動こうとしますが、何をどうしたら良いかもわかりませんでした。

そんな時、市役所で無料の法律相談ができると聞き、予約をとり、時間が決まっていたので、聞きたい事を紙に書いて行きました。弁護士の方はとても丁寧で分かり易くやるべき事を教えて下さいました。そのおかげで、混乱気味だった私の頭も整理され、無事に手続き等すませる事ができました。運転になれていない私が、焦ったままいたら自分も交通事故を起こしかねませんもんね。本来ならば、経験したくない事ですが、起きてしまった時の不安な気持ちの支えにもなる法律相談が身近にある事を今回知り、安心しました。

Copyright (C)2017法律問題にならないよう交通事故に注意!.All rights reserved.