法律問題にならないよう交通事故に注意!

法律を守ることで交通事故を防ぐ

法律問題にならないよう交通事故に注意!
交通事故はなぜ起こるのか、それは、法律の存在と、ドライバーの不注意です。法律はただあっても意味はなく、それを守ることでその力を発揮します。つまり、守らなければ、法律自体が無効になってしまうわけです。法律違反は犯罪ですが、交通機関をすべて監視下におけるわけではないので、ある一部に限って監視を強くしたり、パトロールをすることで、交通事故を未然に防いだり、法律違反をチェックしたりしています。しかし、人間、監視の目が緩めば、どこでなにやってるか判ったものじゃありません。とくに、急いでいたり、せっかちな人だったりなど、性質的に、及び、状況的に、少しくらいならばいいだろう、と思ってしまうものです。これが一番危険なのですが。

交通事故を防ぐには、どこにでも監視がいるという心で、ゆとりあるドライブを心がけるというのが一番です。どんなことがあっても、あわてず冷静に対処し、法律を守りながら、他の交通に注意し、歩行者を守りながら、自分だけでなく、相手のドライバーも、歩行者も、自転車も、誰もが安全に交通できる道路作りが、交通事故をなくすための、一番の道です。ですから、少し体に違和感があったり、疲れたりしたら、車に乗らないようにしましょう。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017法律問題にならないよう交通事故に注意!.All rights reserved.